脂漏性皮膚炎のお悩み解消

部位別の脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎の症状は、額から鼻先にかけての皮脂腺が活発な部分や小鼻周辺などに現れることがよくあり、その場合細かい湿疹ができ、赤くなったり、皮がはがれたりすることが多いようです。脂漏性皮膚炎の治療法はいろいろとありますが、顔に症状がある場合の日常的なケアについて紹介します。

洗顔は、刺激の少ない敏感肌用のせっけんなどを泡立てネットでよく泡立て、顔全体に広げます。そして、ごしごし擦ったりせず、しばらく泡のついたままにした後、やさしくマッサージをして泡を洗い流します。

洗顔後のケアで重要なのは、肌を保湿し表皮細胞が正常な代謝活動が出来るよう環境を整えることです。保湿と呼ばれるケアですが、肌表層の角質層の水分を増やすために化粧水や美容液をたっぷりつけます。

このように保湿して整えた肌は、そのままでは乾燥してしまうので、乳液やクリームで保護することが求められます。 ここで注意が必要なのですが、脂漏性皮膚炎では皮がめくれるために肌が乾燥していると勘違いして油分を多くつけてしまうことがありますが、これは逆効果です。なるべく油分の少ないものをお使い下さい。

本来、化粧水と保湿剤の役割を担うのは、汗と皮脂なのですが、脂漏性皮膚炎の症状が進行すると、皮脂や汗だけでは表皮細胞が育つ環境には不十分なのです。

考え方としては、肌の炎症を促すようなことは避け、炎症を進めない範囲で肌を守るケアをしてください。この考え方に従えば、洗顔も保湿も保護も、決してやりすぎないよう、炎症部分を刺激しないよう注意することが必要です。また、直接顔に触れるケアではありませんが、睡眠を十分とり、食生活や運動習慣などを見直して一般的に健康的とされる生活を心がけることも効果があります。きれいな肌を取り戻してください。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved