脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎のケア

お茶

乳児期の脂漏性皮膚炎は、ほとんどの場合、時期が来れば完治にむかうものですが、思春期以降の患者は慢性化しやすく、多くは完治が困難で、治療には根気のいる疾患と言えるでしょう。

そのようなタイプの疾患ですから、脂漏性皮膚炎の患者は皮膚科での治療以外にも、なんらかの治療法や改善策を捜し求める人が多いようです。例えば、日常生活の中で比較的手軽に用いることができるお茶なども、そのような改善策の一つと言えるでしょう。

脂漏性皮膚炎の主な原因のひとつとして、過剰な皮脂分泌が挙げられます。この皮脂を抑制する効能をもったお茶は色々ありますが、有名なのは油分が強い食事の後に飲むと良いとされている「烏龍茶(ウーロン茶)」や「普?茶(プーアル茶)」です。「スギナ茶」も、中性脂肪が体内に蓄積される前に、それを分解するお茶で、ハーブティとしての名前は「ホーステール」です。

その他に、沖縄産の薬草茶で「クミスクチン茶」というシソ科の多年草も、糖や脂肪の消化吸収を抑制して脂性肌を改善する効果があり、脂漏性皮膚炎の人が飲む事も多いようです。また、どくだみ茶には、殺菌、整腸、美肌、デトックス効果などがあり、脂漏性皮膚炎に適したお茶のひとつと言えるのではないかと思います。

脂漏性皮膚炎の原因や症状、患者の体質は様々ですから、これらのお茶による効果の有無や程度もまちまちでしょうが、脂漏性皮膚炎が慢性化、長期化して悩んでいる方にとっては、体質改善を期待ながら日々飲むお茶を色々試してみるのも良い方法ではないでしょうか。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved