脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎のケア

ビタミンB2・B6

脂漏性皮膚炎の治療のために、皮膚科などでは軟膏などの外用薬のほかに内服薬をあわせて処方することが、よくあります。これは主に、炎症を抑えたり、かゆみを止めるための内服薬なのですが、ビタミンB2、B6を補うことが目的の内服薬もあります。脂漏性皮膚炎の主な原因のひとつとして、皮脂の過剰分泌が挙げられます。過剰分泌された皮脂は酸化して過酸化脂質となり皮膚を刺激してしまうので、この過酸化脂質の分解を促すビタミンの摂取は効果的です。

ビタミンB2は、体内での合成も貯蔵もできません。ですから、常に食事などから摂っていく必要があります。ビタミンB2が多くふくまれる食品は、牛、豚、鶏などのレバー、うなぎ、納豆、牛乳、ヨーグルトなどです。ビタミンB2は動物性の食品に多く、植物にはあまり含まれていないため、菜食中心の方は、納豆でビタミンB2を補給しましょう。尚、ビタミンB2を過剰摂取しても、水溶性ですので尿など一緒に排出されます。過剰摂取による毒性などは知られていません。

ビタミンB6は、たんぱく質や脂質の分解に必要なアミノ酸の生成を助けるので、脂肪を減らしエネルギーに変えてくれます。また免疫力を強化する効果があります。

ビタミンB2と違って、腸内で合成できるので不足しにくいビタミンですが、抗生剤を長期間飲んでいる人では不足することがあります。また、ビタミンB2と一緒に作用する性質があるため、ビタミンB2が不足しているとビタミンB6もはたらけない、という点に注意が必要です。

尚、ビタミンB6も通常の食生活では過剰摂取の心配はほとんどないといわれていますが、ビタミン剤やサプリメントは用法用量に従い長期の大量摂取は控えてください。ビタミンB6が多くふくまれる食品は、マグロの赤身、サンマの開き、カツオ、にしん、牛レバー、バナナなどです。

ビタミンの効果的効率的な摂取のしかたは、「あわせて摂る」ことです。例えば脂肪の代謝一つをとっても、そのはたらきには数種類のビタミンが関係しています。ですから、複数のビタミンをあわせて摂取するのが望ましいと言われています。ビタミンB2とB6は、そのような組み合わせの中でも、脂漏性皮膚炎に対処する最適のチームといえるでしょう。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved