脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎のケア

皮膚科

皮膚科が扱う疾患は、様々な皮膚炎をはじめ、湿疹、吹出物、アトピー、水虫、虫さされなど、皮膚上に発生する症状が中心となります。その中で脂漏性皮膚炎などの炎症は、症状が軽いうちは市販薬などで様子を見ながら、よほどひどくならないと皮膚科を受診しない人もいます。

しかし、脂漏性皮膚炎は放置してしまうと症状が悪化したり、毛髪にトラブルが起きる可能性もありますので、早めの受診をお勧めします。

脂漏性皮膚炎の場合、仮にご自身で主な原因や治療法などを把握していたとしても、患者が自ら疾患の原因を特定するのは困難で、さらに薬の組み合わせや使い方を見極めて、市販薬から選択するとなると、ある程度のリスクが伴うでしょう。

やはり専門医に診断と処方を求め、治療方針を立てて臨むのが、治療の本筋となるでしょう。また、せっかく皮膚科を受診しても、処方を受けたステロイド薬などの使用を、患者の独断で止めてしまう、といったケースをよく耳にしますが、これも感心しません。こちらの要望をきちんと伝えた上で、医師の考え、方針をよく聞いて、合意の上で治療方針を決めるべきでしょう。

しかし、脂漏性皮膚炎の治療法はまだ完全に確立しているとは言えず、病院や医師によって治療方法や使用する薬などに違いがあります。特に遺伝や体質によって疾患が出ている場合は治療が難しく、症状をじっくり見ながら、手探りで治療を進めていくこともあるようです。つまり、たとえ専門医であっても、必ずしも、ご自身にとって最適な治療を受けられるとは限らない、という点に注意が必要です。

医師との信頼関係を築くことは大切ですが、全て医者任せにするのではなく、原因や症状、治療法、望ましい生活習慣など、病気についてご自身で知識を深める努力も必要となります。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved