脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎の主な原因

脂性肌

脂漏性皮膚炎の原因の一つに、脂性肌が挙げられます。例えば、朝洗髪をしても夕方には皮脂で頭皮がベトベトになってしまう、と言う状態は明らかに皮脂が過剰に分泌されています。

もともと頭皮は皮脂腺の活動が最も活発な部分とはいえ、健康な頭皮ならベトベトした感じは受けません。頭皮に限らず、このように脂性になってしまう原因はいくつか考えられます。

まず、食事による脂肪や糖質やアルコールなどの過剰摂取の場合、体内に入るカロリーに対し、身体を維持する基礎代謝及び活動に消費するエネルギーの方が少ないと、脂肪という形で蓄積されます。また肝臓に負担がかかって代謝機能が低下すれば脂性肌になる可能性があります。ですからこのタイプの脂性の改善には、甘いものや脂肪分、アルコールの摂りすぎに気をつけ、カロリーを消費する適度な運動と代謝を助けるビタミンB2・B6の摂取が有効です。

また、過度のストレスや睡眠不足、不規則な生活習慣などによって男性ホルモンが増加すると、それによって皮脂の分泌が増えます。規則正しい生活やリラックスできる環境を心がけることが重要です。

他には、誤ったケアによる洗い残しや、皮脂の取りすぎも脂性肌の原因になり得ます。洗い残しはごく基本的なミスですが、逆に皮脂を必要以上に取り除くと、足りない皮脂を補おうと皮脂腺が過剰に分泌するということがあります。皮脂は肌の状態を健康に保つ役割を担っていますから、ケアによって皮脂を取ることではなく、皮脂の量を適量に保つことが大切なのです。

脂漏性皮膚炎は遺伝性、体質性のものとも言われ、日本人では先天的に脂漏性の皮膚を持っている人は、3割~4割にもなると言われています。体質による場合は性急な完治を期待せず、悪化させぬように心がけ、体質改善に取り組むつもりで気長に付き合うようにしましょう。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved