脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎の豆知識

症状が似ている病気

脂漏性皮膚炎と症状が似ている病気はいくつかあります。脂漏性皮膚炎と思ってケアをしても症状が改善しなかったり、効果が出ないことがありますので、自己診断せず専門医の診察を受けてください。以下では、似ている皮膚疾患を幾つかあげてみます。

接触性皮膚炎、いわゆるかぶれには、一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の2つがあります。一次刺激性接触皮膚炎は、植物、化粧品、金属、化学物質などの原因物質に触れることで炎症を起こすもので、アレルギーとは関係なく誰にでも起こりうる病気です。

アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギーのある人だけに生じる病気です。原因物質に触れると皮膚の炎症細胞が活発化し湿疹を引き起こします。例えばおむつかぶれはアンモニアによる接触皮膚炎ということになります。

アトピー性皮膚炎の病態は多様ですが、児童期は湿潤型、思春期以降は乾燥型の炎症をおこすという特徴があり、思春期以降は皮脂の分泌不足から頭皮に大量のフケが出ることが多いです。若い人に多く見られ、患者の血縁者には、高い確率で気管支喘息やアレルギー性鼻炎の人がいます。

乾癬は、慢性の皮膚角化疾患で、典型的には赤い発疹と、その上に皮膚が剥がれ落ちた白い鱗屑を伴う発疹を発症します。頭皮、肘、膝など外から強い刺激を受ける部位に出来やすいのですが、眼球と口唇以外、全身どこにでも出現します。病変した患部は通常の皮膚より少し盛り上がった状態となります。強い発疹のわりには痒みが少ないことが多いと言われますが、一方強い痒みを伴う人もおり、多様な病態を形成します。

他には、乳児脂漏性皮膚炎と間違えやすい疾患として、アトピー、オムツかぶれ、とびひ、カンジダ製皮膚炎などがあります。皮膚疾患には、このように似た症状の病気があるという事を知っておく事は大切で、分からないまま放置したり、素人判断で市販薬を使って治療をしたりせず、症状があれば速やかに皮膚科を受診するべきでしょう。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved