脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎のタイプ

エイズ患者

脂漏性皮膚炎の原因は様々ありますが、成人の脂漏性皮膚炎では、免疫力低下が主な原因のひとつとされています。免疫力が低下する原因として、睡眠が十分に取れない、偏食、ストレス等が考えられますが、その他にHIVに感染しエイズを発症することで免疫力が低下し、脂漏性皮膚炎を引き起こすということもあります。

多くのエイズ患者がエイズの進行期に、主として顔面に脂漏性皮膚炎を発症します。目の周囲を除く顔面が赤く、一部は粉を吹いたようになるのが特徴です。エイズ患者に脂漏性皮膚炎が見られる場合には、免疫不全が進行している可能性が考えられ、この場合はHIVによる免疫力低下が予想されます。

免疫力が低下すると、皮脂の分泌異常が起こり皮脂が多くなります。そして、皮脂を好むマラセチア真菌といわれるカビの一種が増殖し、これが作る遊離脂肪酸が皮膚に反応して湿疹が出来ます。

マラセチア真菌は、すべてのヒトの皮膚に常に存在しているものですが、皮脂の過剰によってマラセチア真菌が多く発生してしまうと、そのために皮膚に刺激を与え、症状を引き起こすことになります。

エイズ患者の非常に多くが脂漏性皮膚炎になることから、脂漏性皮膚炎になったらエイズであると慌てる人がいますが、一般的な脂漏性皮膚炎もエイズの発症で起こる脂漏性皮膚炎も、身体の免疫力が衰えたということなので、脂漏性皮膚炎になったから、即エイズとは言えません。

しかし、実際にエイズ患者の8割以上が脂漏性皮膚炎を発症しており、これらの症状によって医療機関を受診して、その検査結果からHIV感染が判明するケースが多くあります。万が一、心配な方はHIV検査をしてください。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved