脂漏性皮膚炎のお悩み解消

脂漏性皮膚炎のタイプ

乳児

脂漏性皮膚炎は、生後3カ月以内の乳児に最も多く、乳児に現れるものを特に乳児脂漏性湿疹と呼びます。

「アトピー」と症状が似ているため区別がしにくく、症状が混在していることもあります。アトピーと大きく違うのは皮膚がポロポロとむけるという点で、典型的な「乳児脂漏性湿疹」は、前額部から頭部を中心に油脂分とフケがいっしょになって固まり、うろこのような黄色いかさぶたができたり、ほほが赤くなるなどの症状があります。

頭だけでなく、まゆ毛や鼻のまわり、あごなどにできることもあります。頭部の場合は髪の毛に隠れて気づきにくいのですが、頭皮をよくみると広範囲にかさぶたができていることがあります。新陳代謝が盛んな赤ちゃんは皮膚が汚れやすく、体は洗えても頭頂部だと怖がってよく洗わないために、症状が悪化する赤ちゃんが多くみられます。頭頂部も普通に洗って大丈夫ですので、きれいに洗いましょう。

初期の湿疹なら家庭でのケアでよくなることもあります。頭部の場合はオリーブオイルやワセリンなどをかさぶた部分にたっぷりと塗り、ふやけて柔らかくなったら、せっけんで洗うといいでしょう。ただし、つめを立てるようなことはしないこと。洗っても取れない場合は1日でとろうとせずに、毎日ていねいに根気よくケアして少しずつ拭きとってください。

顔の場合は、せっけんをガーゼにつけてていねいに洗い、お湯で湿した清潔なガーゼでせっけんをふき取るようにします。

また、いずれも乳児期を過ぎると自然に消えてしまうことが多いのですが、一部は放置するとアトピー性皮膚炎に移行する可能性がありますので、症状がよく分からない、または改善しないようなら、早めに小児科や皮膚科の受診をお勧めします。

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎の主な原因
脂漏性皮膚炎のタイプ
脂漏性皮膚炎のケア
部位別の脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎の豆知識
Copyright (C) 脂漏性皮膚炎のお悩み解消 All Rights Reserved